美味しいものが集まるエキサイティングな街、香港を食べ尽くす!

香港は中国、広東省にある大都市。金融の街として栄え、世界中から旅行者やビジネスマンが集うインターナショナルシティです。公用語は英語、中国語、広東語で、片言の英語が話せれば地元の人とのコミュニケーションも取れます。また、交通の便も良く、香港国際空港からはエアポートエクスプレスという特急電車で市内まで約30分で出られ、市内にもくまなく地下鉄やバス網が張り巡らされているため、町歩きしやすいです。

香港といえば、やはり美味しい中華料理!定番の飲茶は、街のいたるところにあるレストランで朝から午後2時ごろまで提供されています。一部のレストランでは夜茶とよばれる夜の部の飲茶もありますが、もともと飲茶は朝から昼にかけて楽しまれてきた文化なので、ランチタイムまでにお店に入店されることをお勧めします。また、午前中に入店すると安くなるお店もあります。

お店に入ると、飲茶ではまずお茶を注文しましょう。外国人には、世界中で有名なジャスミン茶をすすめてくる店員さんが多いので、好みの茶葉がある場合はきちんと伝えましょう。プーアル茶や鉄観音などは日本人にも馴染みがありますね。
飲茶や広東料理以外にも、北京料理や四川料理、上海料理や潮州料理など、様々な種類の中国料理が楽しめるので、ぜひ色んな料理を試してみてくださいね。

街中のスタンドなどで売られているベビーカステラのような鶏蛋仔という名前のスナックなども美味しいので、見つけたら焼きたてを試してみていただきたいです。